健康診断で走り回る看護師さんに感動です

仙台での総合病院でまさかのたらいまわし経験(笑)をするはめになっていましました。
勤務先の会社の健診がちょうど大切な出張日と重なってしまい、仕方なく後日総合病院で健康診断を受けることになりました。その病院は人間ドッグも行っていると案内にあり、どうせ会社を休むことになるのだからと半日ドッグを受けることにしました。ところが、その考えが更に悲劇を生むとはその時は全く思いもしませんでした。

当日の朝、胃カメラを飲むために絶食。日頃は食べることが大好きなので朝食もしっかり食べているので、空腹はつらい思いでしたが検査のためと思い我慢していました。その病院は、人間ドッグ専門機関がなく、検査室や各診療科を回るというものでした。1ケ所で受けることができないのは面倒だけど半日だけと思い、その点はあきらめました。

病院へ着くと、初めての病院のため総合案内で診察券発行などの手続き。診察券を持っていても通院期間が開くと初診扱いになるらしく混んでいたため、20分近く待たされました。やっと呼ばれ書類をもらい、まずは内科へ。
さぁスタートと思いきや、内科の待合室でまた手続き。
やっと診療室へ入ると先生とお話しした後、採決室へ移動しました。採決室は手続きがないものの番号札を渡され15分ほど待ち、採決終了。
その後レントゲン室と、胃カメラ室と回るも1回1回受付があり、そのたびに各待合室で待たされました。
その無駄とも思える時間に少し疲れたのか、胃カメラで炭酸飲むときに我慢しきれずゲフッ…結局2回も飲むはめにはりました。

やっとカメラ終わったと思ったら、次にまた各科の診察室めぐり…そのたびに診療科受付で手続きし、わずかな診療時間のために何倍もの待ち時間を費やされました。
下剤で空っぽのお腹は、お腹がすいたを通りこしフラフラ状態。もう、帰りたいと思いながらもなんとか最後、内科に戻り医師の話を聞き終了しました。
初めての病院で勝手がわからず、あっちウロウロこっちウロウロ。
その上、驚くほどの待ち時間の繰り返し。お昼で終わるはずの半日ドッグが、終了時間を見たら3時でした。
健康維持のために行った病院で逆に疲れ切って帰るはめにはなったのですが、スタッフの方々、特に看護師さんに丁寧な対応をしていただき何とか回り切れました。
自分のために、健康診断を受けに行ってるのに愚痴ってばかりでは駄目ですね。
看護師さんに感謝です。【看護師求人仙台】