薬剤師さん、点数稼ぎのための会話はNGです!

調剤薬局のことなんですが、ある方から、薬を渡すときに一言二言言うと点数が加算されるということを聞きました(なんの?か忘れてしまいました・・)
そのことを聞いてから気を付けてみると、薬を受け取るとき、確かに薬剤師さんが、そういう風に聞きますよね。

「眠たくならない薬が増えたのに、眠れないんですか?」とか(見間違い?)
「薬が増えたんですねって」(だからなんだっていうの)

なんかおかしくないですか?どうして薬が増えたかの原因を、いちいちまた言わないといけないのでしょうか?言うんだったらもっとわからないように、さりげなく言ってほしいのです。上記のような言い方だと、カリカリカリときたり、かちんときたりします。

「眠れないんですか?」と聞かれたときには、わたしも意地悪なので、「お医者さんからなにか聞いておられますか?」と言うと「いえ、、、なにも」と。薬剤師さんも忙しいので薬だけをみて、何も考えずに発言するからおかしくなるんだと思います。

まぁそういう制度なのでしかたがないので、わたしがさりげないフレーズを作ってみることにしました。
「お天気が悪いですけど、いかがですか?」
「あらお薬の量増えたんですね」
「最近眠れますか? あぁ・・そうなんですね・・先生からしっかりお薬が出てますね」
「お薬手帳よく丁寧に貼っておられますよね‥いろんな薬局、病院へ行ったときに役にたちますよね」
「暑いけれど冷房にお気をつけください ・・・そんなときこの漢方が効きますよ」などがいいと思います。

先に増えたか減ったをいうと、お医者さんと患者さんが相談して決めたことに対して、どうして?と聞いてしまうと変な具合になると思います。薬剤師さんには大変でしょうけど、点数の加算より普通の会話のほうが喜ばれると思います。

清潔な薬局がたくさん増えてきて、コミュニケーションもいいところが多いので、わたしはリラックスする会話だけで、いい気持ちになれると患者代表で思います。友人の薬剤師が転職するというので、この話をしてきたところでした。<<薬剤師 求人 久留米>>
薬剤師のみなさん、点数稼ぎよりも患者の立場に立ってくださいね。